レットイットゴー 英語 歌詞 カタカナ。 【アナ雪・カタカナ歌詞】レットイットゴー【英語でカラオケ♪】

「パプリカ」英語バージョンの歌詞、カタカナつき。いちばん簡単、発音も真似しやすいカタカナつき歌詞。子どもと一緒に即歌える!!

レットイットゴー 英語 歌詞 カタカナ

そんなこと思いながら、まー、ワイの持ってるすべてを注ぎ込んだのが。 この歌詞や。 誰かひとりでも歌ってくれたら幸いや。 トド版日本語歌詞 [Verse 1] The snow glows white on the mountain tonight 月映す雪が Not a footprint to be seen この山閉ざし A kingdom of isolation たったひとりだけの And it looks like I'm the queen 王国拓 ひら く The wind is howling like this swirling storm inside 風が心を映してる Couldn't keep it in, Heaven knows I've tried これ以上抑えられないの [Pre-Chorus 1] Don't let them in, don't let them see いいつけ守って Be the good girl you always have to be 理想演じていた Conceal, don't feel, don't let them know 隠してた自分を Well, now they know! 知られたの [Chorus 1] Let it go, let it go レットイットゴー、レットイットゴー Can't hold it back anymore 隠さないわ、もう Let it go, let it go 他人 ひと はいいの Turn away and slam the door! 未練もないわ I don't care what they're going to say ひとり生きてゆく Let the storm rage on 嵐よ吹け The cold never bothered me anyway 孤独は怖くないわ [Verse 2] It's funny how some distance ここに辿り着いて Makes everything seem small 全部が見えた And the fears that once controlled me あんなに恐れてたことが Can't get to me at all! 喜劇みたいよ [Pre-Chorus 2] It's time to see what I can do 知ってたわ出来るって To test the limits and break through さよなら理想の子 No right, no wrong, no rules for me これから自分の道 I'm free! すすむ! [Chorus 2] Let it go, let it go 空と風が I'm one with the wind and sky 私を導く Let it go, let it go 向かうままに You'll never see me cry 辿 たど り着いた Here I stand, and here I'll stay 私の居場所に Let the storm rage on! 嵐よもっと! [Bridge] My power flurries through the air into the ground 力があたりに溢れ出す My soul is spiraling in frozen fractals all around 渦巻く魂が氷を集めて And one thought crystallizes like an icy blast 固まる決意を写し出す I'm never going back, the past is in the past! もう戻らない。 過去はいま捨てた [Chorus 3] Let it go, let it go 輝く姿 And I'll rise like the break of dawn 朝陽 あさひ のように Let it go, let it go レットイットゴー、レットイットゴー That perfect girl is gone 偽りの日々は Here I stand in the light of day ついにもう終わり Let the storm rage on! これが私よ! [Outro] The cold never bothered me anyway ようやく朝が来たわ 解説編 ~基礎技術~ 今回の日本語歌詞作成にあたって、ワイが、どうやって歌詞を作っていったのか解説していく。 まずは、基本的な技術をいくつか解説した上で、本編の訳の解説をしていくでー。 ちな、ワイは今まで英語歌詞の翻訳をしたことはあっても、日本語歌詞を作ったことは一度もあらへんし、そのための知識がゼロのところから始めとる。 しやから、ここで紹介する技法は、ワイが今回日本語歌詞を作りながら、編み出した技や考え方やねん。 まず、何はなくとも音節や。 一方、日本語やと、ひとつひとつの文字で音を区切るやんか。 一文字=一音節 やねんな。 この応用編で、ワイが見つけたいくつかの法則があって、主なもんはこれや。 ここまでを理解すると、日本語歌詞のむずかしさが分かってくんねんで。 分かりやすくするために、例をだすで。 あとは、直接は「I love you」を訳しひんのやけど、文脈から適切な言葉を当てるゆうのもあるかもしれへん。 英語は数音節もあれば、かなり色んなことゆえるんやけど、日本語の場合は、数音節やと、単語にしかならへんみたいなことがよくある。 ここがむつかしいところやねん。 音節と並ぶ、もうひとつの日本語歌詞のカギ。 それは、口の動きや。 特に、今回のような英語を歌っとる画像に日本語の歌詞を当てる場合には、極力、口の動きもシンクロさせたいやんか。 一番、カギになるのは、フレーズの歌い出しの子音と歌い終わりの母音やねん。 ここをそろえると、かなりシンクロして見えることが分かった(まだ1曲しか翻訳歌詞作ったことないねんけどwww)。 あとは、「N」「M」みたいな口を閉じる音も、ケア出来るとかなりええ感じになる。 まー、これは、出来ればゆう感じやけどな。 難易度高すぎるからwww ちな、こうゆう技術面での究極は、空耳で充てる言葉が英語と同じ意味の日本語結うところやねんけど、それはほぼ不可能やから、出来るところに限って挑戦してみとる。 そのあたりも更に解説で触れてく予定やで。 解説編 ~世界観~ 世界観も見とくで。 歌の世界観を理解しておくゆうのは、日本語歌詞作るのにむっちゃ大事やねん。 前のところで解説したように、同じ音節数で比較すると日本語は英語に比べて圧倒的に盛り込める情報が少なくなるから、直訳からはかけ離れんとどうにもならへんことも多い。 しやから、新たな日本語歌詞を作るにあたって、世界観を拠り所にする必要があるからや。 公式の日本語歌詞は、ほんまに素晴らしい歌詞なんやけど、世界観はオリジナルの歌詞とちょっと変わっとる。 どちらかゆうと日本で広く受け入れられる感性に近づけた感じや。 突き詰めれば、ワイの日本語歌詞は、公式版日本語歌詞と訳の言葉使いが違うんやなくて、世界観が違うゆうこと。 ワイのは徹底してオリジナルの世界観に近づけた つもり。 ここで、この英語の歌詞の世界観を確認しておく。 まず、何はともあれ、ベースになるのは、これがエルサが家出したときに歌っとる曲やゆうことやねん。 ずっと両親はエルサを隔絶しとったやないか。 もちろん虐待やなくて、愛情からやねんけど。 エルサを守りたかったんやね。 エルサの特別な力を王位継承者には相応しくないもんやと思ったから。 しやから、エルサにも「バレたらアカンで!」「絶対に隠すんやで」「王位に相応しい振る舞いするんやで!」ってゆうて来たんや。 そして、エルサもそれに必死に応えてきた。 応えて、半分軟禁みたいな生活を続けて来たんや。 で、両親が亡くなって、ようやく戴冠式を迎えたところで、ついにバレてもうた。 隠してた力が、みんなに見つかってもうた。 絶対にアカンゆわれてたのに。 この力は王位に相応しくないってゆわれとったのに。 そっから、この歌は始まるんやで。 「もう、どうでもいい」「あんなに頑張って隠し続けたのに」「バレちゃったんだから」「戻らないで、一人で生きていく」「一人で生きていくんだから、好きにするわ」「王女のフリなんてもうまっぴら」「ぜーんぶ、おしまい!さよならー」 ゆう感じww 「これからは、ありのままの自分を出してくわ!」 とは、黒さがちゃうねんww 「一人で生きていくから、好きにしたるわ!」 やねんwww 家出して繁華街に繰り出す元優等生みたいやろwww まー、ゆうてその後「ひとりでは生きていけない」「そんなに頑なにならへんくてええ」「周りはちゃんと受け止めてくれる」「家族の愛情は断ち切れない」みたいなことが分かって、一段成長するゆうのが「アナと雪の女王」のストーリーなんやけど、この場面では、闇落ちゆうか、暗黒面への転落ゆうか、そんな瞬間やねんwww ちゅうことで、このあたりの世界観を押さえて訳していったんや。 解説編 ~実践~ [Verse 1] The snow glows white on the mountain tonight 月映す雪が Not a footprint to be seen この山を閉ざし A kingdom of isolation たったひとりの And it looks like I'm the queen 王国を築く The wind is howling like this swirling storm inside 秘めた嵐が放たれる Couldn't keep it in, Heaven knows I've tried これ以上隠せないわ まず、直訳と音節のチェックしてみようか。 The snow glows white on the mountain tonight(8音節) Not a footprint to be seen(7 8 音節) A kingdom of isolation(8音節) And it looks like I'm the queen(8音節) The wind is howling like this swirling storm inside(9 8 音節) Couldn't keep it in, Heaven knows I've tried(8音節) な、 この曲、全部基本は8音節やねん。 日本語訳見てくで。 直訳や。 白く輝く雪が山を覆う今夜(19音節) ひとつの足跡も見えない(13音節) 孤独の王国(8音節) そして私はその女王のように見えるわ(21音節) 私の中に渦巻く嵐のように、風がうなりをあげている(30音節) これ以上抑えておけなかった。 神様は私が頑張ってきたことをご存じよ(25音節) で、 日本語の音節見たら、もう無理ゲーやろwww 「 白く輝く雪が山を覆う今夜、ひとつの足跡も見えない(31音節)」これを8+8音節=原則16文字で言い表してみい。 無理やろ?www でやな、ここで考えるわけや。 その歌詞の意味を。 情景は、 「雪が山を覆って、今夜、その山にフラフラ入ってきたエルサの来た道は、すでに雪で覆いつくされて、もと来た世界からエルサを切り離しとる」ゆう感じやろ。 で、こうした訳や 「月映す雪が(8音節)、この山を閉ざし(8音節)」 「月」だけで、夜ってことが分かるやろ。 「月映す雪」で、月の光を反射するほど、雪が積もっとることも分かる。 「Not a footprint to be seen ひとつの足跡も見えない 」ちゅうのは、要するにエルサが元居たところから、隔絶されたところにきたってことを表している。 しやから 「この山を閉ざし」ってなる訳や。 この隔絶感、過去との関係を断ち切った感は、この歌詞のキモやから、そういう感じを出したい。 (続くwww) [Pre-Chorus 1] Don't let them in, don't let them see いいつけを守って Be the good girl you always have to be 理想の子演じていた Conceal, don't feel, don't let them know 隠してた自分を Well, now they know! 知られたの (直訳) Don't let them in, don't let them see 「誰も中に入れてはいけない」「誰にも見せてはいけない」 Be the good girl you always have to be 「いつもいい子でいなさい」 Conceal, don't feel, don't let them know 「隠しなさい」「何も感じてはいけない」「誰にも知られないようにしなさい」 Well, now they know! でも、もう知られてしまったわ! [Chorus 1] Let it go, let it go レットイットゴー、レットイットゴー Can't hold it back anymore 隠す気ないわ Let it go, let it go 他人 ひと はいいの Turn away and slam the door! 未練もないわ I don't care what they're going to say ひとり生きていく Let the storm rage on 嵐よ吹け The cold never bothered me anyway 孤独は怖くないわ (直訳) Let it go, let it go 好きにさせるわ(どうでもいいわ) Can't hold it back anymore もう隠しておけないんだから Let it go, let it go 好きにさせるわ(どうでもいいわ) Turn away and slam the door! 背を向けて、ドアをバタンと閉めたわ I don't care what they're going to say みんなが何を言おうともう気にしない Let the storm rage on 嵐は吹き荒れるままにするわ The cold never bothered me anyway どっちにしても、寒さ自体が私を苦しめたことなんて一度もなかったのよ [Verse 2] It's funny how some distance ちょっと離れただけで Makes everything seem small 豆粒に見える And the fears that once controlled me あんなに恐れてたのに Can't get to me at all! 消し飛んでいった ああああ [Pre-Chorus 2] It's time to see what I can do 知ってたわ出来るって To test the limits and break through さよなら理想の子 No right, no wrong, no rules for me これから自分の道 I'm free! すすむ! あああ [Chorus 2] Let it go, let it go 心のままに I'm one with the wind and sky 風と空の下 もと Let it go, let it go 向かうままに You'll never see me cry だどり着いた Here I stand, and here I'll stay 私の居場所に Let the storm rage on! 嵐よもっと! あああ [Bridge] My power flurries through the air into the ground 力があたりに溢れ出す My soul is spiraling in frozen fractals all around 渦巻く魂が氷を集めて And one thought crystallizes like an icy blast 固まる決意を写し出す I'm never going back, the past is in the past! もう戻らない。 過去はいま捨てた ああ [Chorus 3] Let it go, let it go 輝く姿 And I'll rise like the break of dawn 朝日のように Let it go, let it go レットイットゴー、レットイットゴー That perfect girl is gone 偽りの日々は Here I stand in the light of day ついにもう終わり Let the storm rage on! これが私! あああ [Outro] The cold never bothered me anyway ついに夜が明けたわ.

次の

【歌詞カタカナ】Let It Go

レットイットゴー 英語 歌詞 カタカナ

「ディズニー音楽学習シリーズ」一覧 ディズニー音楽学習シリーズの一覧をまとめました。 No 作品名 曲タイトル 邦題 PDF DVD他 第1弾 ピーターパン 第2弾 魔法にかけられて 第3弾 プリンセスと魔法のキス 第4弾 シュガー・ラッシュ 第5弾 ヘラクレス 第6弾 ディズニーオリジナルのクリスマスソング 第7弾 リロ・アンド・スティッチ 第8弾 アナと雪の女王 第9弾 アナと雪の女王 第10弾 ピノキオ 第11弾 魔法にかけられて 第12弾 ナイトメアー・ビフォア・クリスマス 第13弾 ライオン・キング 第14弾 シンデレラ 第15弾 ジャングル・ブック 第16弾 ノートルダムの鐘 第17弾 アラジン 第18弾 ファインディング・ドリー 第19弾 リメンバー・ミー 第20弾 モアナと伝説の海 第21弾 ズートピア 第22弾 メリー・ポピンズリターンズ 第23弾 美女と野獣 第24弾 アラジン 第25弾 ピーターパン 第26弾 リトル・マーメイド 第27弾 塔の上のラプンツェル 第28弾 眠れる森の美女 第29弾 白雪姫 第30弾 ターザン 第31弾 トイ・ストーリー2 第32弾 ライオン・キング 第33弾 ムーラン 第34弾 ポカホンタス 第35弾 アナと雪の女王 第36弾 モンスターズ・インク 第37弾 トイ・ストーリー3 第38弾 ライオン・キング 第39弾 リトル・マーメイド 第40弾 アナと雪の女王 第41弾 美女と野獣 第42弾 ライオン・キング 第43弾 ムーラン 第44弾 プリティ・プリンセス 第45弾 不思議の国のアリス 「Remember Me」の作品背景 『リメンバー・ミー』(2018年公開)は、メキシコを舞台にして、死後の世界を陽気に、そして少し幻想的に描いた作品で、アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞しました。 音楽を心から愛し、ギターの才能は天才的な少年ミゲル。 ミュージシャンになることを夢見ていますが、彼の家族にはなぜか「音楽禁止の掟」があり、ギターの演奏はもちろん、家族の前では自由に音楽を聴くことさえ出来ない日々です。 そんな彼の憧れは、伝説のミュージシャン、亡きエルネスト・デラクルス。 ある日、デラクルスの霊廟に飾られたギターを手にしたミゲルは、不思議な力によって死者の国へと迷いこんでしまいます。 ミゲルの迷いこんだ死者の国は、おどろおどろしいイメージとはかけ離れた、夢のような幻想的で美しく、テーマパークのように楽しい世界。 陽気なガイコツたちに困惑するミゲルでしたが、そこで知り合ったヘクターという明るく気のいいガイコツに協力してもらい、元の世界へ戻るための方法を探ります。 果たしてミゲルは無事に家に帰れるのでしょうか。 そして、デラクルスの名曲「Remember Me」に隠された謎とは・・・・? 空にのぼっていくような美しいメロディーラインの主題歌「Remember Me」は、英語とスペイン語のデュエットが織りなす珠玉の名曲です。 やはり、見事アカデミー賞歌曲賞(主題歌賞)を受賞しています。 そんな『リメンバー・ミー』を皆さんも楽しんでますね。 ちょっとだけつぶやきの紹介です。 グサグサきますぅ〜😢 最近はディズニーのリメンバーミーの歌詞にもグッときてますっっ — アキ shuriaki 神戸のイベントで陽彩くんが歌ったリメンバーミーが一番好き。 この時二番の歌詞の「寂しい夜は」のとこが「寂しい夜」になってしまってるけどそこがまた好きだったりする。 ディズニー音楽 お勧めの勉強法の実践! そろそろ、「Remember Me」の世界へ進みましょう! せっかくなので、下記の 記事でも触れた、おススメの勉強法にそって楽しんでいきましょう! 英語学習ステップ• 軽やかなメロディーとゆるやかなテンポのラブバラードです。 歌詞の内容は、離れて生きて行かなければならない恋人たちの切なさと、けれどどこかでまた必ず出逢える、という希望を乗せていて心が高まります。 映画のストーリーの元の部分を担う歌です。 ここでは英語の部分だけを翻訳してあります。 PDFも用意しましたので、必要であれば印刷して聴いてください。 悲しくも温かい歌になっていますね。 この段階では、日本語の歌詞の意味と英語の歌詞を聴き比べないということです。 ご興味ある方は、是非下の記事を参照くださいね! 英語学習ステップ• 英語学習のステップ【番外編】: カタカナ読み コーヒーブレイクです(笑)。 それでは、ディズニー大好きな子供たちのために英語のカタカナ読み。 英語の学習でおススメはしてないのですが、需要を意識してしまいました。 ちょうど日本のお盆と同じ意味合いの風習です。 大家族が多く、家族の絆をとても大切にするメキシコの人たち。 その「熱さ」は日本人の持つものとは違いますが、その奥に流れる思いは共通のものがあるのかも知れませんね。 全編を通して音楽が多いことでも知られる本作品は、ミュージカル映画としての位置づけにもなります。 「Remember Me」は、デラクルス、ヘクター、ミゲルがそれぞれ歌いバージョン豊かです。 歌う人によって、がらりと雰囲気が変わる上、映画を観る前と観た後での思い入れによってもまた変化する歌の世界の奥深さが感じられます。 ゆったりとしたテンポではっきりとした歌詞なので、リスニングもしやすいお勧めの一曲です。 『リメンバー・ミー』に浸る、いろいろ 「Remember Me」をたくさん聴いてリスニングを強化! 「Remember Me」を手元に置いて好きな時に聴いてみませんか? 音楽を聴くなら音楽配信サービスの利用が当たり前になってきましたね。 下記サイトで音楽配信サービスを徹底比較してます。 どちらかのサービスを契約し「Remember Me」をたくさん聞いてくださいね。

次の

【歌詞和訳】Let It Go

レットイットゴー 英語 歌詞 カタカナ

そんなこと思いながら、まー、ワイの持ってるすべてを注ぎ込んだのが。 この歌詞や。 誰かひとりでも歌ってくれたら幸いや。 トド版日本語歌詞 [Verse 1] The snow glows white on the mountain tonight 月映す雪が Not a footprint to be seen この山閉ざし A kingdom of isolation たったひとりだけの And it looks like I'm the queen 王国拓 ひら く The wind is howling like this swirling storm inside 風が心を映してる Couldn't keep it in, Heaven knows I've tried これ以上抑えられないの [Pre-Chorus 1] Don't let them in, don't let them see いいつけ守って Be the good girl you always have to be 理想演じていた Conceal, don't feel, don't let them know 隠してた自分を Well, now they know! 知られたの [Chorus 1] Let it go, let it go レットイットゴー、レットイットゴー Can't hold it back anymore 隠さないわ、もう Let it go, let it go 他人 ひと はいいの Turn away and slam the door! 未練もないわ I don't care what they're going to say ひとり生きてゆく Let the storm rage on 嵐よ吹け The cold never bothered me anyway 孤独は怖くないわ [Verse 2] It's funny how some distance ここに辿り着いて Makes everything seem small 全部が見えた And the fears that once controlled me あんなに恐れてたことが Can't get to me at all! 喜劇みたいよ [Pre-Chorus 2] It's time to see what I can do 知ってたわ出来るって To test the limits and break through さよなら理想の子 No right, no wrong, no rules for me これから自分の道 I'm free! すすむ! [Chorus 2] Let it go, let it go 空と風が I'm one with the wind and sky 私を導く Let it go, let it go 向かうままに You'll never see me cry 辿 たど り着いた Here I stand, and here I'll stay 私の居場所に Let the storm rage on! 嵐よもっと! [Bridge] My power flurries through the air into the ground 力があたりに溢れ出す My soul is spiraling in frozen fractals all around 渦巻く魂が氷を集めて And one thought crystallizes like an icy blast 固まる決意を写し出す I'm never going back, the past is in the past! もう戻らない。 過去はいま捨てた [Chorus 3] Let it go, let it go 輝く姿 And I'll rise like the break of dawn 朝陽 あさひ のように Let it go, let it go レットイットゴー、レットイットゴー That perfect girl is gone 偽りの日々は Here I stand in the light of day ついにもう終わり Let the storm rage on! これが私よ! [Outro] The cold never bothered me anyway ようやく朝が来たわ 解説編 ~基礎技術~ 今回の日本語歌詞作成にあたって、ワイが、どうやって歌詞を作っていったのか解説していく。 まずは、基本的な技術をいくつか解説した上で、本編の訳の解説をしていくでー。 ちな、ワイは今まで英語歌詞の翻訳をしたことはあっても、日本語歌詞を作ったことは一度もあらへんし、そのための知識がゼロのところから始めとる。 しやから、ここで紹介する技法は、ワイが今回日本語歌詞を作りながら、編み出した技や考え方やねん。 まず、何はなくとも音節や。 一方、日本語やと、ひとつひとつの文字で音を区切るやんか。 一文字=一音節 やねんな。 この応用編で、ワイが見つけたいくつかの法則があって、主なもんはこれや。 ここまでを理解すると、日本語歌詞のむずかしさが分かってくんねんで。 分かりやすくするために、例をだすで。 あとは、直接は「I love you」を訳しひんのやけど、文脈から適切な言葉を当てるゆうのもあるかもしれへん。 英語は数音節もあれば、かなり色んなことゆえるんやけど、日本語の場合は、数音節やと、単語にしかならへんみたいなことがよくある。 ここがむつかしいところやねん。 音節と並ぶ、もうひとつの日本語歌詞のカギ。 それは、口の動きや。 特に、今回のような英語を歌っとる画像に日本語の歌詞を当てる場合には、極力、口の動きもシンクロさせたいやんか。 一番、カギになるのは、フレーズの歌い出しの子音と歌い終わりの母音やねん。 ここをそろえると、かなりシンクロして見えることが分かった(まだ1曲しか翻訳歌詞作ったことないねんけどwww)。 あとは、「N」「M」みたいな口を閉じる音も、ケア出来るとかなりええ感じになる。 まー、これは、出来ればゆう感じやけどな。 難易度高すぎるからwww ちな、こうゆう技術面での究極は、空耳で充てる言葉が英語と同じ意味の日本語結うところやねんけど、それはほぼ不可能やから、出来るところに限って挑戦してみとる。 そのあたりも更に解説で触れてく予定やで。 解説編 ~世界観~ 世界観も見とくで。 歌の世界観を理解しておくゆうのは、日本語歌詞作るのにむっちゃ大事やねん。 前のところで解説したように、同じ音節数で比較すると日本語は英語に比べて圧倒的に盛り込める情報が少なくなるから、直訳からはかけ離れんとどうにもならへんことも多い。 しやから、新たな日本語歌詞を作るにあたって、世界観を拠り所にする必要があるからや。 公式の日本語歌詞は、ほんまに素晴らしい歌詞なんやけど、世界観はオリジナルの歌詞とちょっと変わっとる。 どちらかゆうと日本で広く受け入れられる感性に近づけた感じや。 突き詰めれば、ワイの日本語歌詞は、公式版日本語歌詞と訳の言葉使いが違うんやなくて、世界観が違うゆうこと。 ワイのは徹底してオリジナルの世界観に近づけた つもり。 ここで、この英語の歌詞の世界観を確認しておく。 まず、何はともあれ、ベースになるのは、これがエルサが家出したときに歌っとる曲やゆうことやねん。 ずっと両親はエルサを隔絶しとったやないか。 もちろん虐待やなくて、愛情からやねんけど。 エルサを守りたかったんやね。 エルサの特別な力を王位継承者には相応しくないもんやと思ったから。 しやから、エルサにも「バレたらアカンで!」「絶対に隠すんやで」「王位に相応しい振る舞いするんやで!」ってゆうて来たんや。 そして、エルサもそれに必死に応えてきた。 応えて、半分軟禁みたいな生活を続けて来たんや。 で、両親が亡くなって、ようやく戴冠式を迎えたところで、ついにバレてもうた。 隠してた力が、みんなに見つかってもうた。 絶対にアカンゆわれてたのに。 この力は王位に相応しくないってゆわれとったのに。 そっから、この歌は始まるんやで。 「もう、どうでもいい」「あんなに頑張って隠し続けたのに」「バレちゃったんだから」「戻らないで、一人で生きていく」「一人で生きていくんだから、好きにするわ」「王女のフリなんてもうまっぴら」「ぜーんぶ、おしまい!さよならー」 ゆう感じww 「これからは、ありのままの自分を出してくわ!」 とは、黒さがちゃうねんww 「一人で生きていくから、好きにしたるわ!」 やねんwww 家出して繁華街に繰り出す元優等生みたいやろwww まー、ゆうてその後「ひとりでは生きていけない」「そんなに頑なにならへんくてええ」「周りはちゃんと受け止めてくれる」「家族の愛情は断ち切れない」みたいなことが分かって、一段成長するゆうのが「アナと雪の女王」のストーリーなんやけど、この場面では、闇落ちゆうか、暗黒面への転落ゆうか、そんな瞬間やねんwww ちゅうことで、このあたりの世界観を押さえて訳していったんや。 解説編 ~実践~ [Verse 1] The snow glows white on the mountain tonight 月映す雪が Not a footprint to be seen この山を閉ざし A kingdom of isolation たったひとりの And it looks like I'm the queen 王国を築く The wind is howling like this swirling storm inside 秘めた嵐が放たれる Couldn't keep it in, Heaven knows I've tried これ以上隠せないわ まず、直訳と音節のチェックしてみようか。 The snow glows white on the mountain tonight(8音節) Not a footprint to be seen(7 8 音節) A kingdom of isolation(8音節) And it looks like I'm the queen(8音節) The wind is howling like this swirling storm inside(9 8 音節) Couldn't keep it in, Heaven knows I've tried(8音節) な、 この曲、全部基本は8音節やねん。 日本語訳見てくで。 直訳や。 白く輝く雪が山を覆う今夜(19音節) ひとつの足跡も見えない(13音節) 孤独の王国(8音節) そして私はその女王のように見えるわ(21音節) 私の中に渦巻く嵐のように、風がうなりをあげている(30音節) これ以上抑えておけなかった。 神様は私が頑張ってきたことをご存じよ(25音節) で、 日本語の音節見たら、もう無理ゲーやろwww 「 白く輝く雪が山を覆う今夜、ひとつの足跡も見えない(31音節)」これを8+8音節=原則16文字で言い表してみい。 無理やろ?www でやな、ここで考えるわけや。 その歌詞の意味を。 情景は、 「雪が山を覆って、今夜、その山にフラフラ入ってきたエルサの来た道は、すでに雪で覆いつくされて、もと来た世界からエルサを切り離しとる」ゆう感じやろ。 で、こうした訳や 「月映す雪が(8音節)、この山を閉ざし(8音節)」 「月」だけで、夜ってことが分かるやろ。 「月映す雪」で、月の光を反射するほど、雪が積もっとることも分かる。 「Not a footprint to be seen ひとつの足跡も見えない 」ちゅうのは、要するにエルサが元居たところから、隔絶されたところにきたってことを表している。 しやから 「この山を閉ざし」ってなる訳や。 この隔絶感、過去との関係を断ち切った感は、この歌詞のキモやから、そういう感じを出したい。 (続くwww) [Pre-Chorus 1] Don't let them in, don't let them see いいつけを守って Be the good girl you always have to be 理想の子演じていた Conceal, don't feel, don't let them know 隠してた自分を Well, now they know! 知られたの (直訳) Don't let them in, don't let them see 「誰も中に入れてはいけない」「誰にも見せてはいけない」 Be the good girl you always have to be 「いつもいい子でいなさい」 Conceal, don't feel, don't let them know 「隠しなさい」「何も感じてはいけない」「誰にも知られないようにしなさい」 Well, now they know! でも、もう知られてしまったわ! [Chorus 1] Let it go, let it go レットイットゴー、レットイットゴー Can't hold it back anymore 隠す気ないわ Let it go, let it go 他人 ひと はいいの Turn away and slam the door! 未練もないわ I don't care what they're going to say ひとり生きていく Let the storm rage on 嵐よ吹け The cold never bothered me anyway 孤独は怖くないわ (直訳) Let it go, let it go 好きにさせるわ(どうでもいいわ) Can't hold it back anymore もう隠しておけないんだから Let it go, let it go 好きにさせるわ(どうでもいいわ) Turn away and slam the door! 背を向けて、ドアをバタンと閉めたわ I don't care what they're going to say みんなが何を言おうともう気にしない Let the storm rage on 嵐は吹き荒れるままにするわ The cold never bothered me anyway どっちにしても、寒さ自体が私を苦しめたことなんて一度もなかったのよ [Verse 2] It's funny how some distance ちょっと離れただけで Makes everything seem small 豆粒に見える And the fears that once controlled me あんなに恐れてたのに Can't get to me at all! 消し飛んでいった ああああ [Pre-Chorus 2] It's time to see what I can do 知ってたわ出来るって To test the limits and break through さよなら理想の子 No right, no wrong, no rules for me これから自分の道 I'm free! すすむ! あああ [Chorus 2] Let it go, let it go 心のままに I'm one with the wind and sky 風と空の下 もと Let it go, let it go 向かうままに You'll never see me cry だどり着いた Here I stand, and here I'll stay 私の居場所に Let the storm rage on! 嵐よもっと! あああ [Bridge] My power flurries through the air into the ground 力があたりに溢れ出す My soul is spiraling in frozen fractals all around 渦巻く魂が氷を集めて And one thought crystallizes like an icy blast 固まる決意を写し出す I'm never going back, the past is in the past! もう戻らない。 過去はいま捨てた ああ [Chorus 3] Let it go, let it go 輝く姿 And I'll rise like the break of dawn 朝日のように Let it go, let it go レットイットゴー、レットイットゴー That perfect girl is gone 偽りの日々は Here I stand in the light of day ついにもう終わり Let the storm rage on! これが私! あああ [Outro] The cold never bothered me anyway ついに夜が明けたわ.

次の